最先端!豊胸の手術方法・種類
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較
豊胸クリニック口コミ比較HOME » 最先端!豊胸の手術方法・種類

 最先端!豊胸の手術方法・種類 

人は何かしら自分自身の外見にコンプレックスを抱くものです。

「胸が小さい」というコンプレックスを解消する方法のひとつである豊胸手術

特に胸の小さい女性は、豊かな胸に憧れを抱く傾向にあり、「胸が小さい」というコンプレックスを解消する方法のひとつである豊胸手術を受ける人も多くいます。

ひとことに豊胸手術と言っても、その施術内容は大きく分けて脂肪注入、シリコンバッグ、ヒアルロン酸の3種類があります。

脂肪注入による豊胸手術のメリットとデメリット

まず、脂肪注入豊胸ですが、これは自分の脂肪細胞を胸に移植する方法を指します。

この方法だと傷が小さくて済む上に、術後の胸の見た目や肌触りが自然で違和感がないというメリットがあります。

さらに、脂肪は自分の身体からとって胸に注入するので、必要のない部分の脂肪を取ることができるというメリットもあります。

一方デメリットは、移植した脂肪が定着しない場合があることです。

脂肪注入法による豊胸手術なら気になる部分の脂肪を無かった事に

さらに、身体に余分な脂肪があまりない場合はこの施術は向いていません。

脂肪が取れない、もしくは脂肪を取るとボディーラインが崩れる場合はヒアルロン酸豊胸やシリコンバッグ豊胸を行うほうが良いと判断されます。

ヒアルロン酸やシリコンバッグを使用した施術法は、体内に入れても問題にならない物質で豊かな胸をつくるという共通点があります。

ヒアルロン酸を使用した豊胸手術のメリットとデメリット

ヒアルロン酸を使用した場合、注入するヒアルロン酸の量を自由に設定できたり、手術の傷が小さく済むので身体への負担が小さく失敗例が少ないというメリットがあります。

しかし、効き目が長く持続せず、何度も施術を行わなければ維持できないというデメリットを持ち合わせています。

シリコンバッグを使用した豊胸手術のメリットとデメリット

シリコンバッグを使用した場合は最もボリュームを出しやすく、シリコンバッグ自体が吸収される事も無いため結果が安定していて、 さらには術後に取り出すことも可能というメリットがあります。

しかし、術後の痛みがやや強かったり、動きの不自然さが目立ちやすいというデメリットもあります。

注目!最先端の豊胸手術法

上記の代表的な施術以外にも、豊胸手術の最先端な方法として注目されているのが、CAL組織増大術やボディジェット豊胸といわれる手術です。

CAL組織増大術やボディジェット豊胸とは、吸引した細胞の中でも幹細胞とよばれる特殊な細胞を採取して注入することで定着率を高め、しこりや化膿予防などリスクを軽減し、自然で豊かなバストにする方法です。

豊胸手術の各方法ごとのおおまかな料金は?

豊胸手術の料金・費用は?

さて、それぞれの施術費用ですが、脂肪注入であれば80万~170万円前後、ヒアルロン酸であればだいたい1ccあたり4,000円~10,000円前後が相場です。

そしてシリコンバッグは30万円から100万円強というのが目安となります。

最先端の方法であれば、費用負担はさらに増えるでしょう。

以上のことから、それぞれの施術法のメリットとデメリット、そして金銭的負担等の情報を加味したうえで豊胸手術の内容を検討することが大切です。

   

 脂肪注入法について

脂肪注入法について

脂肪注入法による豊胸手術の方法、術後の痛み、平均的な手術料金についてまとめました。

 シリコンバッグについて

シリコンバッグについて

シリコンバッグによる豊胸手術の方法、術後の痛み、シリコンの寿命、平均的な手術料金についてまとめました。

 ヒアルロン酸注入について

ヒアルロン酸注入について

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の方法、術後の痛み、ヒアルロン酸のもち、平均的な手術料金についてまとめました。

 

 

 
運営者情報
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較