傷跡・手術痕って残るの?
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較

 傷跡・手術痕って残るの? 

豊胸手術をすると手術痕や傷跡が残るの?

女性にとってバストが大きいことは非常にメリットがありますが、そういう形に変えることが出来る方法として豊胸手術があります。

この手術は昔からあるものですけど、最近は簡単に利用できる方法も増えており利用がしやすくなっています。

豊胸手術を利用する時に気になるのは手術痕がどうなるかですが、利用する手術によってはほとんど痕は残りません。

ヒアルロン酸を注射する豊胸手術はほとんど傷痕が残りません!

この手術ではいくつかの方法が存在し、この頃人気になっているのは特別な成分をバストに注射するやり方です。

利用されるものとしてはヒアルロン酸や本人の脂肪を使う方法がありますが、注射をしてバストアップをするので負担が小さいです。

この注射を利用した豊胸手術は傷跡が残りづらく、殆ど跡がわからないようにすることができます。

ただ、この注射を利用した方法は長期間持たないことがあるので、長期の利用を考えるときは別のやり方のほうがいいです。

シリコンバッグによる豊胸手術の場合、いれる場所と医師の腕次第で傷跡に差がでる!?

別の豊胸手術の手段としてシリコンバッグをバストに埋め込む方法があり、この手術を受ければ長期間バストアップができます。

シリコンバッグの場合は手術痕がどうしても残ってしまいますが、クリニックを選べば傷跡を小さくすることも可能です。

バストにシリコンバッグを入れて大きくする手術では、シリコンバッグを入れる所が複数箇所あります。

簡単な方法としてはバストの上か下の部分を切って、そこからシリコンバッグを入れていくやり方が存在します。

この方法は傷跡が残りやすく、手術をした跡が目立ちやすい問題があります。

別のシリコンバッグを入れる方法としては脇の部分から入れるやり方があり、この方法ならば傷跡は分かりづらいです。

脇の部分からシリコンバッグを入れた時は脇の下の所に手術痕が残るので、脇を閉じていればほとんど見えることはありません。

そのため日常的に目立つことはなく、手術をしても他人に気付かれることはありません。

豊胸手術は医師の技術力をしっかり見極めることがポイント

信頼、実績のある医師がいるクリニックで豊胸手術を受ければ、最小限の手術痕を期待できます

豊胸手術にはこのようにいろいろな方法が存在し、場合によっては手術痕が残ることもあります。

ただ、どの程度の傷跡が残るのかは医師の技術力によって変わってくるので、腕の良い医師に頼めばほとんど残りません。

ですからこのような手術を受けて手術痕が残るのではと心配する方は、いいクリニックを探して利用するといいです。

腕の良い医師がいるクリニックを見極める3つのポイント

  •  まずはホームページをチェック!
  •  特に豊胸手術された方の症例写真(Before & After)をチェックしましょう!
  •  実際にバストアップに成功した方の口コミや体験談からクリニックの評判をチェックしてみよう!

腕の良い医師がいるクリニックなら手術を受けてもほとんど分からないようにできますし、問題が起きた時の対策や術後のアフターケアもしっかりしてくれます。

豊胸手術の技術は進歩をしているので、いいクリニックを利用することができれば手術痕は殆ど残らないです。

 

 

 

 
運営者情報
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較