妊娠・出産・母乳について
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較

 妊娠・出産・母乳について 

豊胸手術には様々な方法があり、バストを美しく、大きくしたいという女性の理想を叶えたり、コンプレックスを解消するために人気があります。

完母を目指している女性は脂肪注入術やヒアルロン酸注入術がおすすめです

女性には、妊娠、出産、授乳と子どもを産み、育てるという過程がありますが、豊胸手術による影響がないかどうか、不安に思う人も多いでしょう。

実際、豊胸手術を受けてから妊娠や出産、授乳をしている女性は多くいますが、本当に安全なのか気になるところです。

豊胸バック挿入による豊胸手術の場合、母乳がでなくなってしまうリスクも…

豊胸手術の中でも、豊胸バッグを挿入する「豊胸バッグ挿入術」は、注意が必要と言われています。

豊胸バッグは、乳腺組織と大胸筋の間、または大胸筋と小胸筋の間に入れるという方法があります。

どちらも母乳をつくる乳腺組織には影響しませんが、豊胸バッグを乳房内に挿入する際、乳腺を傷つけてしまう可能性があります。

特に、乳腺組織と大胸筋の間に豊胸バッグを挿入する乳腺下豊胸手術は、乳腺組織近くに豊胸バッグを入れるため乳腺を傷つけてしまい、炎症を起こしたり、最悪の場合は母乳が出なくなってしまうと言ったリスクが少なからずあります。

乳腺がダメージを受けた状態になると炎症を起こしやすくなり、妊娠や出産時には乳腺が発達するために胸が張りやすくなるので、乳房内の豊胸バッグが乳腺に圧迫されて変形したり破損しやすくなります。

豊胸バッグに使用されている生理食塩水やシリコンは人体に悪影響を与えたり、母乳を飲む赤ちゃんにも影響しないと言われていますが、胸の張りによって強い痛みや腫れが起こったり、乳腺炎になる可能性もあります。

完全母乳を目指している場合は妊娠前に豊胸バッグ挿入術による豊胸手術は行わない方がよいでしょう。

将来、出産を考えている方におすすめの豊胸手術

将来出産を考えている人にオススメの豊胸手術方法を紹介

豊胸手術の中でも、脂肪注入術やヒアルロン酸注入術は、豊胸バッグ挿入術よりも安全と言われています。

ヒアルロン酸や脂肪は、人体にもともと含まれている成分でもあるのでバストに注入しても徐々に体に吸収されていくため、 乳腺を圧迫したり、破損などの恐れはありません。

将来、出産を考えている場合は、豊胸バッグ挿入術よりもヒアルロン酸注入や脂肪注入法といった豊胸手術を選んだ方が安全です。

豊胸バッグ挿入術による豊胸を受けたが妊娠を望んでいる場合は、事前に医師に相談しておくことも大切です。

豊胸したいが赤ちゃんや母乳に影響させたくない場合は、リスクの低い脂肪注入法やヒアルロン酸注入法といった豊胸術を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 
運営者情報
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較