豊胸手術のリスクと失敗しない為のノウハウ
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較
豊胸クリニック口コミ比較HOME » 豊胸手術のリスクと失敗しない為のノウハウ

 豊胸手術のリスクと失敗しない為のノウハウ 

小さなバストをコンプレックスとして、悩みを抱える女性は少なくありません。

豊胸手術で悩みを解消!

健気にバストアップに良いと言われる食材を食べてみたり、バストアップのエクササイズをしてみたり、その努力は涙ぐましいものがあります。

それでも、結果がでにくいのが、バストの悩みでもあるのです。

そんな女性のバストの悩みを、地道な努力ではなく、豊胸手術で解決するという手段もあります。

豊胸手術は、バストの小ささや形に悩む女性にとっては、かなり魅惑的な方法でもあります。

しかし、すべてが成功ではなく、リスクも大きいことを知っておきましょう。

豊胸手術のリスクを知ろう

豊胸手術は時に後遺症をもたらすことがあります。

後遺症の症状は、実にさまざまです。

豊胸のための素材は、タイプによって柔らかさも異なります。

一番柔らかいのは脂肪注入で、次にシリコンバッグ、そしてヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の失敗例

即効性があるヒアルロン酸ですが、医師の技術力とセンスが重要になってきます。

ヒアルロン酸注入についてですが、下手な医師に施術されると美しいバストラインではなく、たくましい胸元になることもあります。

バストの形が、見た目にもいびつになったりするので、医師選びを慎重に行う必要があります。

シリコンバッグによる豊胸手術の失敗例

シリコンバッグで行う豊胸手術の場合、バストに触れた時の手触りに違和感を感じるケースがあります。

もともと皮下脂肪が少なく痩せ型の人がシリコンバッグによる豊胸手術を行うと、 バストの一部が尖って見えたりバストの形が波打ったようにいびつになってしまうこともあります。

豊胸手術の後遺症のリスクを理解しよう

豊胸による後遺症を、甘く見てはいけません。

手術後が本当の試練の時です。

入れたら終わりではないのが、バストの豊胸です。

シリコンバッグを入れる手術の時に、神経を傷つけてしまうことがあります。

カプセル拘縮(こうしゅく)になってしまうと、胸の感覚が麻痺してきます。

しびれを感じたり、少し触っただけでも痛いと感じることもあります。

ヒアルロン酸やバッグを入れると、バストは当然ながら自然な動きはしません。

横になっても自然にバストは流れませんし、バストから体温を感じられないことも。

この不自然な感覚が、精神的なダメージになることもあります。

脂肪注入法で多いのが、切開の傷が残って目立ってしまうことです。

傷跡というのは、だんだん白くなって消えるとは言われているものの、中には傷跡が目立つように残るケースがあります。

それは、本来の肌質にもよりますし、担当する医師の技術力も大きく関係してきます。

脂肪注入には、高い技術力が必要です。

知識と技術力が未熟な医師が担当することで、脂肪吸引をしたバストがいびつな仕上がりとなるケースもあります。

デコボコになってしまったり、いびつな肌になりかねません。

豊胸手術のリスクを最小限にするには有能なドクターがいるクリニックを選ぶことが重要です

こういった、さまざまな失敗や後遺症にあわないために、最初にできることがあります。

豊胸手術はクリニック選びが重要です

それは、手術を行う病院選びです。

単に手術費用が安いとか、テレビCMで華やかに宣伝しているからといった安易な選択方法は危険です。

実績があり有能なドクターを選ぶことが最も重要なポイントです。

有能さは、カウンセリングで分かるものです。

妊娠・出産・母乳について

豊胸手術後の妊娠、出産、母乳についてまとめました。

触った時の違和感やしこり

豊胸手術後の胸の違和感やしこりについてまとめました。

乳がん検診は受けられるか?

豊胸手術後の乳がん検診についてまとめました。

傷跡・手術痕って残るの?

豊胸手術後の傷跡や手術跡についてまとめました。

 

 

 
運営者情報
悩める女性の為の豊胸クリニック口コミ比較